月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

中電工が初優勝で26年連続のニューイヤー! マツダの連覇は6でストップ/中国実業団対抗駅伝

来年元日の第66回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権を懸けた第60回中国実業団対抗駅伝は11月14日、広島県世羅町のせら文化センターを発着点とする7区間80.8kmで行われ、中電工が4時間1分43秒で初優勝を果たした。

中電工は先頭から28秒差の2位でタスキを受けた2区のアモス・クルガトが区間賞の快走でトップに浮上。だが3区でJFEスチールに逆転を許すと、第5中継所では1分35秒差をつけられた。

だが6区の二岡康平がそのビハインドをひっくり返し、逆に37秒リードすると、アンカーの岡原仁志もトップを守り、初の中国王者に輝いた。

2位には6区を務めたベテラン・岡本直己の区間賞や、最終区・清谷匠の区間新で終盤順位を上げた中国電力。3位は前回王者のマツダで連覇は6で止まった。3位は、4区・川平浩之の区間新を含め、3~5区の3連続区間賞で一時トップを走ったJFEスチール。5位には武田薬品が入り、6年ぶり3回目のニューイヤー駅伝出場を決めた。

●チーム成績
1位 中電工 4.01.43
2位 中国電力 4.02.17
3位 マツダ 4.03.08
4位 JFEスチール 4.04.32
5位 武田薬品 4.19.46
===以上、全日本大会に出場===
6位 ホシザキ 4.22.04
7位 自衛隊米子 4.30.37
8位 トップギア 4.35.44
9位 島崎茶園駅伝競走クラブ 4.43.32
10位 広島市役所 4.44.56
オープン 広島RC 4.34.35

●区間賞
1区(12.5km) 延藤 潤(マツダ) 37.16
2区(7.2km) アモス・クルガト(中電工) 19.20
3区(11.6km) 上坂 優太(JFEスチール) 35.03
4区(9.0km) 川平 浩之(JFEスチール) 25.44=区間新
5区(9.0km) 岩田 拓海(JFEスチール) 28.05
6区(19.0km) 岡本 直己(中国電力) 56.31
7区(12.5km) 清谷 匠(中国電力) 36.44=区間新

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com