月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

群馬がアンカー・不破聖衣来で逆転! 6大会ぶり4回目の優勝/東日本女子駅伝


東日本18都道県の選抜チームで競う第36回東日本女子駅伝は11月14日、福島県福島市の信夫ヶ丘陸上競技場を発着点とする9区間42.195kmで行われ、群馬が2時間17分10秒で6大会ぶり(7年ぶり)4回目の優勝を果たした。

昨年はコロナ禍で大会史上初の中止となり、2年ぶりの開催。群馬は1区の岡本春美(ヤマダホールディングス)が区間新の18分44秒をマークして好スタートを切ると、第4中継所まで首位で通過。だが5区途中で3位、7区では4位まで順位を下げた。

アンカー・不破聖衣来(拓大)は、先頭と38秒差の3位で中継所を飛び出したが、2km過ぎで先行する宮城を抜き去ると、5km付近でトップの千葉に追いつき、5.1km過ぎでトップに浮上。後半に入って長野・和田有菜(名城大)に一時迫られたが、残り2kmあたりから再びリードを広げ、フィニッシュテープを切った。不破は初の10kmを31分29秒で走破し、区間賞を獲得した。

●チーム成績
1位 群馬 2.17.10
2位 長野 2.17.33
3位 千葉 2.18.19
4位 宮城 2.19.32
5位 福島 2.19.34
6位 東京 2.20.01
7位 栃木 2.20.19
8位 神奈川 2.20.39
9位 静岡 2.21.55
10位 北海道 2.22.10
11位 埼玉 2.22.55
12位 秋田 2.24.45
13位 茨城 2.25.01
14位 青森 2.25.33
15位 岩手 2.26.40
16位 山梨 2.26.46
17位 新潟 2.27.30
18位 山形 2.27.59

●区間賞
1区(6.0km) 岡本春美(群馬) 18.44=区間新
2区(4.0km) 保坂晴子(東京) 12.57
3区(3.0km) 名和夏乃子(長野) 9.59
4区(3.0km) 今西紗世(千葉) 9.27
5区(5.0875km) 米澤奈々香(宮城) 16.09
6区(4.1075km) 伊藤南美(神奈川) 13.23
7区(4.0km) 佐藤悠花(長野) 13.17
8区(3.0km) 小泉咲菜(群馬) 9.27
9区(10.0km) 不破聖衣来(群馬) 31.29

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com