月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

2位・青学大、史上最小差の8秒で涙 岸本復活、近藤が快走もわずかに届かず/全日本大学駅伝

◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

学生駅伝日本一を決める全日本大学駅伝。3年ぶり優勝を狙った青学大が5時間13分06秒で2位となった。優勝した駒大とはわずか8秒差だった。

青学大は2年生の志貴勇斗が1区でトップから5秒差の区間4位でスタート。2区の中村唯翔(3年)は区間14位と苦戦して10位に順位を下げた。それでもケガから復活を遂げた3区の岸本大紀(3年)が日本人トップの区間3位で再び上昇。8位へと順位を上げた。

4区・高橋勇輝(4年/34分08秒)、5区・佐藤一世(2年/35分57秒)が連続区間賞で3位へ。6区・若林宏樹(1年)は区間12位とこちらも苦しい走りになるが、エースの近藤幸太郎(3年)が7区で50分56秒の区間2位と力走。駒大から18秒差の2位で最終区に入った。

最後は長い距離が得意の飯田貴之(4年)と、駒大・花尾恭輔(2年)の一騎打ちに。8km過ぎに飯田が花尾に追いつき、しばらく並走が続く。ラスト2km付近で花尾がスパートをかけると、それにつけなかった。8秒差は史上最小差だった。

■青学大のメンバー
1区 志貴勇斗(2年) 27分10秒(区間4位)
2区 中村唯翔(3年) 32分58秒(区間14位)
3区 岸本大紀(3年) 33分55秒(区間3位)
4区 高橋勇輝(4年) 34分08秒(区間1位タイ)
5区 佐藤一世(2年) 35分57秒(区間1位)
6区 若林宏樹(1年) 39分02秒(区間12位)
7区 近藤幸太郎(3年)50分56秒(区間2位)
8区 飯田貴之(4年) 59分02秒(区間3位)
補員:横田俊吾(3年)、関口雄大(3年)、鈴木竜太朗(2年)、田中悠登(1年)、西久保遼(3年)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com