月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

順大が20年ぶりトップ3!國學院大が過去最高4位、中大10年ぶりシード 東洋大は連続シード13年で途切れる/全日本大学駅伝


◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

学生駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が2年連続14度目の優勝。2位に青学大が入った。

3位には5時間14分20秒で順大。トップ3に入ったのは実に20年ぶりのこと。2区で東京五輪3000m障害7位入賞の三浦龍司(2年)が圧巻の走りでトップへ。7区終了時点で5位まで順位を落としたが、アンカーの四釜峻佑(3年)が2つ順位を上げて3位でフィニッシュした。

4位には國學院大が入り、過去最高順位を更新。出雲駅伝王者の東京国際大は3区イェゴン・ヴィンセント(3年)、6区・丹所健(3年)が区間新の快走で、その他の区間も粘りのタスキリレーを見せて5位となり2大会ぶりのシード権獲得となった。途中トップに立つ勢いを見せた早大は6位。7位に明大と続き、中大が8位。中大のシード権獲得は10年ぶり。

一方、33秒差でシード権を逃したのは法大。東洋大は10位となり、連続シード獲得が13でストップした。以下、中央学大、東海大、帝京大、拓大と関東勢が続き、オープンの日本学連選抜が15番目でフィニッシュ。名門日体大が15位に沈んだ。

関東以外では関学大が16位でトップ。続いて皇學館大、立命大と続いている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com