HOME 駅伝

2021.11.07

これが王者のエース!7区で駒大・田澤廉が逆転で一気にトップに立つ 18秒差で青学大が追走
これが王者のエース!7区で駒大・田澤廉が逆転で一気にトップに立つ 18秒差で青学大が追走

◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

学生駅伝日本一を決める全日本大学駅伝。7区で大きくレースが動いた。トップで走り出したのは東京国際大で、19秒差で順大、1分以上開いて明大、駒大、青学大が続いた。

駒大のエース・田澤廉(3年)と、青学大のエース・近藤幸太郎(3年)がほぼ同時にスタートし、並走するかたちで前を追う。6km付近で田澤が近藤をやや突き放す13.4kmで田澤がついに東京国際大をとらえて先頭に立った。青学大・近藤も2番手に上がるが、田澤がラストでもキレ味を見せ、連覇に向けてトップで最終8区へタスキをつないだ。

18秒差で青学大の近藤が続き、トップから41秒差の3位に東京国際大。優勝争いはこの3チームに絞られた様子。明大、順大が続く。早大は6位、國學院大は7位、中大が順位を2つ上げてシード権獲得ラインの8位に上がった。一方、法大が3つ順位を下げて9位に。以下、東海大、東洋大と続いている。

田澤は7区で日本人初の50分台となる50分36秒、近藤も51分を切る50分56秒をマークした。区間記録は2018年のP.M.ワンブィ(日大)の50分21秒。区間賞は田澤が獲得した。

■駒大・田澤廉コメント
「今回は主力選手が欠けて厳しいレースとなると思っていました。いい流れでつないでくれたので、エースらしい走りをしようと思いました。花尾もハーフだと駒大でトップクラスの選手。力を信じています」

◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 学生駅伝日本一を決める全日本大学駅伝。7区で大きくレースが動いた。トップで走り出したのは東京国際大で、19秒差で順大、1分以上開いて明大、駒大、青学大が続いた。 駒大のエース・田澤廉(3年)と、青学大のエース・近藤幸太郎(3年)がほぼ同時にスタートし、並走するかたちで前を追う。6km付近で田澤が近藤をやや突き放す13.4kmで田澤がついに東京国際大をとらえて先頭に立った。青学大・近藤も2番手に上がるが、田澤がラストでもキレ味を見せ、連覇に向けてトップで最終8区へタスキをつないだ。 18秒差で青学大の近藤が続き、トップから41秒差の3位に東京国際大。優勝争いはこの3チームに絞られた様子。明大、順大が続く。早大は6位、國學院大は7位、中大が順位を2つ上げてシード権獲得ラインの8位に上がった。一方、法大が3つ順位を下げて9位に。以下、東海大、東洋大と続いている。 田澤は7区で日本人初の50分台となる50分36秒、近藤も51分を切る50分56秒をマークした。区間記録は2018年のP.M.ワンブィ(日大)の50分21秒。区間賞は田澤が獲得した。 ■駒大・田澤廉コメント 「今回は主力選手が欠けて厳しいレースとなると思っていました。いい流れでつないでくれたので、エースらしい走りをしようと思いました。花尾もハーフだと駒大でトップクラスの選手。力を信じています」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top