月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

1区区間賞は駒大ルーキーの佐藤条二!「実感ない」中大・吉居、國學院大、青学大が続く/全日本大学駅伝


◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

学生駅伝日本一を決める全日本大学駅伝。1区(9.5km)は駒大の佐藤条二(1年)が27分05秒の区間新記録で区間賞を獲得した。従来の区間記録は昨年、順大の三浦龍司が作った27分07秒。

レース序盤はアニーダ・サレー(第一工大)が先頭をひた走るが、9kmを前に青学大の志貴勇斗(2年)がかわし、中大の吉居大和(2年)、駒大・佐藤条二(1年)、國學院大の島崎慎愛(4年)が続き、4チームの集団に。佐藤が仕掛け、吉居が続く。最後は佐藤がラストスパートを制して区間賞、吉居がタイム差なしの2着でタスキをつないだ。1秒差の國學院大・木付琳(4年)まで区間新。青学大、法大と続いている。

■駒大・佐藤条二のコメント
「狙ってはいましたが、まだ実感がありません。監督からは5秒差でくればいいと言われたのでビックリしています。残り区間は強い先輩方が走るので、信じて最後まで応援したい」

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com