月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子は田辺工が接戦を制し3年ぶり、女子は智弁和歌山が2年連続の都大路へ/和歌山県高校駅伝

和歌山県高校駅伝は11月6日、日高川町田尻特設コースで行われ、男子(7区間42.195km)は田辺工が智弁和歌山との接戦を制し、2時間8分52秒で3年ぶり2回目の優勝を果たした。女子(5区間21.0975km)は、智弁和歌山が全区間で区間賞獲得の1時間12分46秒で制し、2年連続2回目の頂点に立った。

田辺工は1区の寺井京(3年)が区間賞発進。2区で智弁和歌山が1秒差で逆転を許すも、3区の塩路悠耀(3年)が区間新、さらに4区でも区間賞を取り、差を41秒差まで広げる。5、6区では智弁和歌山の連続区間賞で6区終了地点で12秒差まで詰め寄られたが、最終7区で大家利公(3年)が区間賞で逃げ切り、3年ぶり2回目の都大路の切符を手にした。

女子は智弁和歌山が1区瀬戸朱莉(3年)で先手を取ると、その後も全区間で区間賞で独走。2位に1分15秒をつけて完勝し、2年連続2回目の全国大会出場を決めた。

全国大会は12月26日に京都・たけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com