月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

三浦龍司が世界の走り!順大が2区トップ中継「役割果たせた」10秒差で法大、早大、明大と続く/全日本大学駅伝


◇第53回全日本大学駅伝(2021年11月7日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

学生駅伝日本一を決める全日本大学駅伝。2区で順大・三浦龍司が先頭に躍り出てトップで3区へとタスキをつないだ。

2区がスタートしてすぐに駒大、青学大、中大、早大、東洋大、法大、明大、東京国際大、順大、國學院大という10チームの大集団に。その後、5km過ぎに駒大が遅れはじめた。8km過ぎに早大・井川龍人(3年)が出ると順大・三浦龍司(2年)がすぐさま反応。青学大がやや遅れる。順大、早大、國學院大、明大、法大の5チームに絞られ、残り1km付近の木曽川大橋で順大・三浦がペースを上げて先頭に立ち、差をつけ始める。後ろは法大・鎌田航生(4年)と早大・井川が追う展開に。

順大がトップで3区へ。三浦は31分30秒で区間賞を獲得。10秒差で法大、11秒差で早大が3位。さらに明大、國學院大。駒大は45秒差の7位、青学大は1分13秒差の10位と遅れた。

■順大・三浦龍司コメント
「去年と距離が違いますがやることは同じ。少しでも早く(タスキを)渡す。役割はしっかり果たせた。ラスト1kmを切り替えの目標にしていました」

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com