月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

名城大が5連覇!! 圧巻の完封リレーで史上2校目の快挙/全日本大学女子駅伝

◇第39回全日本大学女子駅伝(10月31日、6区間38.1km/宮城県仙台市・弘進ゴムアスリートパーク仙台~仙台市役所前市民広場)

第39回全日本大学女子駅伝が10月31日、宮城県仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台をスタート、仙台市役所前市民広場フィニッシュの6区間38.1kmのコースで行われ、名城大が2時間2分59秒で史上2校目の5連覇を達成した。

名城大は1区で山本有真(3年)がいきなり区間賞で飛び出すと、2区・高松智美ムセンビ(4年)、3区・和田有菜(4年)、4区・谷本七星(1年)まで4連続区間賞。高松と谷本は区間新をマークするなど、序盤から他を圧倒した。

5区で3年生エースの小林成美は区間賞こそ逃したものの区間3位にまとめ、アンカーの増渕祐香も区間新の快走。1区から首位を譲らない史上6校目の「完封リレー」でフィニッシュテープを切った。

米田勝朗監督は「(5連覇の)プレッシャーがなかったと言えばうそになりますが、学生は去年の自分たちを超えることを目指してとやってきた。去年の記録(2時間2分57秒)にはわずかに届かなかったですが、1区から自分たちのイメージ通りの走りをしてくれた。達成できて本当に良かった」と選手たちのがんばりを称えた。

チームを勢いの乗せた山本は「1区というすごく重要な区間を任せていただいた。大役を果たせて良かった」。アンカーの増渕は「1位でつないでくれたので、最後はみんなの笑顔の元に帰ると思って走り切った。この先も6連覇、7連覇と続けていきたい」と笑顔で振り返った。

2位は5年連続で大東大。1区で準エースの吉村玲美が転倒もあって11位と出遅れたものの、5位でタスキを受けた5区のエースで主将・鈴木優花が区間新・3人抜きの力走で、至近9大会で8度目の準優勝を飾った。

5区(9.1km)でスーパールーキー・不破聖衣来が従来の記録を1分14秒も短縮する28分00秒の爆走を見せた拓大が、4年連続4回目の出場で初シードを3位で決めた。4位は2年連続で立命大、5位に日体大、6位に大阪学大、7位に城西大、8位に松山大が入り、次回のシード権を獲得した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com