HOME 駅伝

2021.10.31

名城大が5連覇!! 圧巻の完封リレーで史上2校目の快挙/全日本大学女子駅伝
名城大が5連覇!! 圧巻の完封リレーで史上2校目の快挙/全日本大学女子駅伝

◇第39回全日本大学女子駅伝(10月31日、6区間38.1km/宮城県仙台市・弘進ゴムアスリートパーク仙台~仙台市役所前市民広場)

第39回全日本大学女子駅伝が10月31日、宮城県仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台をスタート、仙台市役所前市民広場フィニッシュの6区間38.1kmのコースで行われ、名城大が2時間2分59秒で史上2校目の5連覇を達成した。

名城大は1区で山本有真(3年)がいきなり区間賞で飛び出すと、2区・高松智美ムセンビ(4年)、3区・和田有菜(4年)、4区・谷本七星(1年)まで4連続区間賞。高松と谷本は区間新をマークするなど、序盤から他を圧倒した。

5区で3年生エースの小林成美は区間賞こそ逃したものの区間3位にまとめ、アンカーの増渕祐香も区間新の快走。1区から首位を譲らない史上6校目の「完封リレー」でフィニッシュテープを切った。

米田勝朗監督は「(5連覇の)プレッシャーがなかったと言えばうそになりますが、学生は去年の自分たちを超えることを目指してとやってきた。去年の記録(2時間2分57秒)にはわずかに届かなかったですが、1区から自分たちのイメージ通りの走りをしてくれた。達成できて本当に良かった」と選手たちのがんばりを称えた。

チームを勢いの乗せた山本は「1区というすごく重要な区間を任せていただいた。大役を果たせて良かった」。アンカーの増渕は「1位でつないでくれたので、最後はみんなの笑顔の元に帰ると思って走り切った。この先も6連覇、7連覇と続けていきたい」と笑顔で振り返った。

2位は5年連続で大東大。1区で準エースの吉村玲美が転倒もあって11位と出遅れたものの、5位でタスキを受けた5区のエースで主将・鈴木優花が区間新・3人抜きの力走で、至近9大会で8度目の準優勝を飾った。

5区(9.1km)でスーパールーキー・不破聖衣来が従来の記録を1分14秒も短縮する28分00秒の爆走を見せた拓大が、4年連続4回目の出場で初シードを3位で決めた。4位は2年連続で立命大、5位に日体大、6位に大阪学大、7位に城西大、8位に松山大が入り、次回のシード権を獲得した。

◇第39回全日本大学女子駅伝(10月31日、6区間38.1km/宮城県仙台市・弘進ゴムアスリートパーク仙台~仙台市役所前市民広場) 第39回全日本大学女子駅伝が10月31日、宮城県仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台をスタート、仙台市役所前市民広場フィニッシュの6区間38.1kmのコースで行われ、名城大が2時間2分59秒で史上2校目の5連覇を達成した。 名城大は1区で山本有真(3年)がいきなり区間賞で飛び出すと、2区・高松智美ムセンビ(4年)、3区・和田有菜(4年)、4区・谷本七星(1年)まで4連続区間賞。高松と谷本は区間新をマークするなど、序盤から他を圧倒した。 5区で3年生エースの小林成美は区間賞こそ逃したものの区間3位にまとめ、アンカーの増渕祐香も区間新の快走。1区から首位を譲らない史上6校目の「完封リレー」でフィニッシュテープを切った。 米田勝朗監督は「(5連覇の)プレッシャーがなかったと言えばうそになりますが、学生は去年の自分たちを超えることを目指してとやってきた。去年の記録(2時間2分57秒)にはわずかに届かなかったですが、1区から自分たちのイメージ通りの走りをしてくれた。達成できて本当に良かった」と選手たちのがんばりを称えた。 チームを勢いの乗せた山本は「1区というすごく重要な区間を任せていただいた。大役を果たせて良かった」。アンカーの増渕は「1位でつないでくれたので、最後はみんなの笑顔の元に帰ると思って走り切った。この先も6連覇、7連覇と続けていきたい」と笑顔で振り返った。 2位は5年連続で大東大。1区で準エースの吉村玲美が転倒もあって11位と出遅れたものの、5位でタスキを受けた5区のエースで主将・鈴木優花が区間新・3人抜きの力走で、至近9大会で8度目の準優勝を飾った。 5区(9.1km)でスーパールーキー・不破聖衣来が従来の記録を1分14秒も短縮する28分00秒の爆走を見せた拓大が、4年連続4回目の出場で初シードを3位で決めた。4位は2年連続で立命大、5位に日体大、6位に大阪学大、7位に城西大、8位に松山大が入り、次回のシード権を獲得した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top