月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男女ともに大会新 女子は順天が3年ぶりの都大路、男子は國學院久我山が3連覇/東京都高校駅伝

東京都高校駅伝が10月30日、荒川緊急用河川敷道路コースで行われ、女子(5区間21.0975km)は順天が大会新記録の1時間09分52秒で優勝し、3年ぶり17回目の全国出場を決めた。

インターハイ3000m12位の小川陽香(2年)が1区で競り勝つと、残り4区間も区間トップで、3年前に同校が打ち立てた大会記録を12秒更新。4年連続の都大路を目指した錦城学園は1時間11分10秒で2位となった。

男子(7区間42.195km)は、2時間06分57秒の大会新記録で國學院久我山が3連覇を果たし、3年連続24回目の全国切符を手にした。

1区はインターハイ5000m12位の拓大一・佐藤有一(3年)が制し、國學院久我山は30秒差の3位発進。しかし、3区で鈴木耕太郎(2年)がトップと15秒差まで迫ると、4区の永野佑迅(2年)が逆転。さらに5区の花井日友雅(2年)は区間新の8分36秒と、この3~5区で区間トップを奪い、リードを広げた。

コースこそ違うものの、1989年に同校がマークした大会記録(2時間7分36秒/大井埠頭)を32年ぶりに39秒短縮。2位の拓大一も大会新の2時間07分32秒だった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com