月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

秋田工が2時間6分21秒で独走の男子9連覇、女子は大曲が3年ぶりの都大路/秋田県高校駅伝


全国高校駅伝の代表校を決める秋田県高校駅伝は10月24日、大潟村ソーラースポーツラインで行われ、男子(7区間42.195km)は秋田工が2時間6分21秒で9年連続27回目の制覇。女子(5区間21.0975km)は大曲が1時間14分18秒で3年ぶり7回目の優勝を果たした。全国出場回数は秋田工、大曲ともに優勝回数と同じ。

秋田工は、1区佐藤宏亮(3年)が2位に32秒差をつける区間賞で滑り出すと、そのまま独走。2区(3km)ではインターハイ800m4位、1500m5位の実績を持つ大野聖登(2年)が区間新記録の8分08秒でリードを拡大した。さらに、4区(8.0875km)でも、小松聖(2年)が区間新の24分26秒をマーク。7人全員が区間賞を獲得する圧巻の内容で2位に11分54秒差をつけた。

大曲は1区こそ2位発進だったが、先頭から32秒差でタスキを受けた2区の吉川真央(3年)が区間賞で逆転に成功。4区でも、柏谷星来(2年)が区間賞を獲得するなど後続を引き離した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com