月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【出雲駅伝】東洋大スーパールーキー・石田洸介が鮮烈デビュー!5区区間賞で2番手へ 東京国際大が優勝へ盤石


◇第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走(10月10日・島根県出雲市)

スーパールーキーが鮮烈なデビューを飾った。5区に入った東洋大1年の石田洸介が、ただ1人18分台となる18分55秒で区間賞を獲得した。6番手でタスキを受けた石田は颯爽と走り出すと、2km過ぎに3人を抜くと、5km手前で同じく1年生の早大・伊藤大志を抜いて単独2番手に躍り出た。

石田は福岡・浅川中時代に1500m、3000m、5000mで中学記録を樹立。全中1500m、3000m2冠、ジュニア五輪3連覇など活躍。東農大二高(群馬)に進学すると、3年時には13分36秒89をマークして16年ぶりに高校記録を塗り替えると、さらに9月に13分34秒74まで短縮した(現歴代2位)。ケガのため出遅れており、日本選手権5000mは途中棄権。夏合宿を経て本格的に復帰した。

また、その前の4区では早大の石塚陽士(1年)が18分40秒で区間賞を獲得するなど、出雲駅伝らしく1年生の快走が光った。

東京国際大がトップでアンカーのイェゴン・ヴィンセント(3年)へとタスキをつないだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com