月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【出雲駅伝】東京国際大が3区でトップへ!日本人エース丹所が区間2位の快走 創価大、青学大、早大と続く


◇第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走(10月10日・島根県出雲市)

3区で大きくレースが動く。2区まで3位と好位置でつないできた東京国際大は日本人エースの丹所健(3年)が2kmすぎにトップに立つと、そのまま独走態勢を築く。区間2位の24分12秒で首位でタスキをつないだ。

29秒差で2番手は創価大。留学生フィリップ・ムルワが8つ順位を上げ、23分49秒の区間賞。相澤晃(東洋大、現・旭化成)の区間記録まであと3秒に迫る快走だった。

青学大が33秒差、早大が43秒差で続き、駒大は52秒差とさらに後退した。2区トップ通過だった國學院大は7位に下がり、帝京大が6位まで上がってきた。

区間賞コメント・ムルワ
「ターゲットは23分50秒台だった。ターゲットタイムで走れました。初めての出雲のコースは楽しかった」


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com