月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

1500m日本選手権3連覇の陣内綾子が九電工を退部「温かく見守っていただき感謝」


九電工は10月1日にホームページ上で、日本選手権1500mで3連覇(2012~14年)するなど、日本の女子中距離界をリードしてきた陣内綾子が9月30日付で退部したと発表した。

陣内は佐賀県出身。城東中3年の2001年、広島全中で800m優勝。県内有数の進学校でもある佐賀西高に進学すると、1年時の高知国体少年B800m優勝、3年時は800mで日本ジュニアとインターハイ2冠に輝いた。なお、この日本ジュニアでは、当時・須磨学園高(兵庫)1年だった小林祐梨子が2位に入っている。

地元の佐賀大へ進学し、3年時には日本選手権800mに優勝。同年(2007年)の大阪世界選手権の日本代表となった。2009年に大学を卒業して九電工所属に。同年の日本選手権800m優勝。1500mでは2012年から日本選手権3連覇など第一線で活躍してきた。自己ベストは800mが2分03秒37(日本歴代13位)、1500mは4分10秒08(日本歴代6位)。今季の日本選手権は1500mに出場して15位。九電工でのラストレースとなった9月の全日本実業団対抗選手権では800m3位、1500m5位に入賞している。

九電工を通して陣内は「13年間という長きにわたって競技ができたことは、常日頃から皆様のご支援ご声援のおかげに他なりません。結果が良い時だけでなく不甲斐ない時も、いつも温かく見守って頂けたこと大変感謝しています」とコメントしている。なお、競技継続も含め今後については明言していない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com