月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

三重で国体代替大会を10月17日に開催 走幅跳に伊藤陸がエントリー


三重陸協は4日、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった三重とこわか国体の代替大会として10月17日(会場:三重交通Gスポーツの杜 伊勢)に開催する「東海フレンドシップゲーム」のスタートリストを発表した。

8月25日に三重国体の中止が決定したあと、三重陸協は出場を予定していた選手が競技できる場を設けようと、国体と同じ男子27種目、女子26種目、リレー3種目の競技会の開催を決定。東海陸上競技協会に所属する愛知、静岡、岐阜、三重、長野の5県の出場予定選手を対象に参加者を募集し、県内からオープン参加で出場する選手を含め、およそ200人がエントリーした。

地元・三重からは日本インカレ走幅跳、三段跳2冠の伊藤陸(近大高専)が成年男子走幅跳にエントリーし、少年男子共通三段跳にもオープン参加予定。また、少年男子Aハンマー投には福井インターハイ(IH)チャンピオンの小河彪(久居高)が出場する。ほかにも福井IHで男子走幅跳優勝の北川凱(東海大翔洋高・静岡)が少年男子共通三段跳に、女子800m優勝の青山理奈(中京大中京高・愛知)が成年少年800mにエントリーした。

三重県では他の地域同様に9月末で緊急事態宣言が解除されているが、感染症対策のため大会は無観客で実施。大会の様子はインターネットでライブ配信を行うという。


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com