月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ロンドン五輪代表・市川華菜が現役最後の100m「ゴールできて安心しています」/全日本実業団


◇全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

全日本実業団対抗の2日目、女子100m予選に出場した市川華菜(ミズノ)は12秒42(+1.4)で組5着だった。

4×100mリレーででロンドン五輪に出場した市川。現役引退を表明して臨んだラストレースとなった全日本実業団は、笑顔で走り抜けたあと、涙がこぼれた。

「陸上人生最後の100m。最後は速いスピードで終えたかったのですが、心と体が一致していなくて、正直、ゴールできたことに安心しています」

愛知・岡崎城西高時代にインターハイ入賞など経験。中京大に進学してからその才能を開花させた。2011年に11秒43の自己記録を更新し、リレー日本代表入り。翌年のロンドン五輪にも4継メンバーとして出場。だが、近年はケガもあってなかなか本来の走りを取り戻せなかった。

昨年、「不意に何かが切れた感覚があって、何を目標にしていいかわからない状態が続いていた」と言う市川。自分で「引退」という決断にもっていくこともできず、「いろいろな人に相談して今年の春くらいに気持ちが固まった」。

今後についてた未定としたが、「陸上に関わっていきたいです。小さい時はここまで陸上をやると思っていなかったですし、オリンピックなんて思い描いたことがなかった。大学に入ってから可能性を感じてここまでこられました。どんな子に、どんな可能性があるかわからない。そういところに気づいてもらえるように(活動)できれば」と、自らの努力で切り開いたシンデレラストーリーを伝えることで、女子短距離の未来へと紡いでいく。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com