HOME ニュース、海外

2021.09.24

女子マラソン単独レース世界記録保持者のケイタニーが現役引退
女子マラソン単独レース世界記録保持者のケイタニーが現役引退


女子マラソンで単独レースの世界記録保持者のM.ケイタニー(ケニア)が9月22日、現役引退を表明した。

1982年1月生まれで現在39歳のケイタニーは、2017年のロンドン・マラソンで女子単独レースでの世界記録となる2時間17分01秒をマーク。男女混合レースを含めると世界歴代3位にあたる。

広告の下にコンテンツが続きます

国際大会では12年ロンドン五輪で4位に入った他、ワールドマラソンメジャーズでは11年のロンドン・マラソン優勝を皮切りに、18年までに7回の優勝を果たした(ロンドン3回、ニューヨーク4回)。また、09年の世界ハーフマラソン選手権でも優勝している。08年と13年の出産でレースに出場していない期間もあったが、長きにわたってトップランナーとして活躍した。

19年の後半に背中を痛めると、新型コロナウイルスによるパンデミック下の渡航制限で、希望していた欧州での治療が受けられず、引退決意に至ったという。引退後は「計画は完全に決まっていないが、家族とより多くの時間を過ごすことを楽しみにしている」とコメントしている。

女子マラソンで単独レースの世界記録保持者のM.ケイタニー(ケニア)が9月22日、現役引退を表明した。 1982年1月生まれで現在39歳のケイタニーは、2017年のロンドン・マラソンで女子単独レースでの世界記録となる2時間17分01秒をマーク。男女混合レースを含めると世界歴代3位にあたる。 国際大会では12年ロンドン五輪で4位に入った他、ワールドマラソンメジャーズでは11年のロンドン・マラソン優勝を皮切りに、18年までに7回の優勝を果たした(ロンドン3回、ニューヨーク4回)。また、09年の世界ハーフマラソン選手権でも優勝している。08年と13年の出産でレースに出場していない期間もあったが、長きにわたってトップランナーとして活躍した。 19年の後半に背中を痛めると、新型コロナウイルスによるパンデミック下の渡航制限で、希望していた欧州での治療が受けられず、引退決意に至ったという。引退後は「計画は完全に決まっていないが、家族とより多くの時間を過ごすことを楽しみにしている」とコメントしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top