月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子マラソン単独レース世界記録保持者のケイタニーが現役引退


女子マラソンで単独レースの世界記録保持者のM.ケイタニー(ケニア)が9月22日、現役引退を表明した。

1982年1月生まれで現在39歳のケイタニーは、2017年のロンドン・マラソンで女子単独レースでの世界記録となる2時間17分01秒をマーク。男女混合レースを含めると世界歴代3位にあたる。

国際大会では12年ロンドン五輪で4位に入った他、ワールドマラソンメジャーズでは11年のロンドン・マラソン優勝を皮切りに、18年までに7回の優勝を果たした(ロンドン3回、ニューヨーク4回)。また、09年の世界ハーフマラソン選手権でも優勝している。08年と13年の出産でレースに出場していない期間もあったが、長きにわたってトップランナーとして活躍した。

19年の後半に背中を痛めると、新型コロナウイルスによるパンデミック下の渡航制限で、希望していた欧州での治療が受けられず、引退決意に至ったという。引退後は「計画は完全に決まっていないが、家族とより多くの時間を過ごすことを楽しみにしている」とコメントしている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com