月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

泉谷駿介が五輪後、初ハードル「楽しかった」朝イチ予選で13秒44の大会新/日本IC


◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)2日目

第90回日本インカレ2日目。男子110mハードル予選に、東京五輪代表で日本記録保持者の泉谷駿介(順大)が登場し、1組目で13秒44(+0.1)の大会新記録を樹立してトップ通過を果たした。

東京五輪の準決勝以降、ハードルはこれが初レースの泉谷。1日目には走幅跳で3位、4×100mリレー予選では4走でトップ通過に貢献し、翌朝9時過ぎからのレースだった。「7、8割くらい」の力感で、「前半は良かったですが、後半はもたついてしまいました」と振り返る中での13秒44は圧巻。「調子も良くなかったので13秒5から6くらい出ればと思っていたのですが、流して13秒4台が出たので」と納得の表情を浮かべる。

五輪のあとはハードルを跳んだのは数回。ハードルにこだわらず、短距離や走幅跳など「陸上を楽しみたい」と話していたが、久しぶりのハードルの実戦に「まだ、予選だけですが走り終わってみると楽しいです」と笑顔を見せる。

過密スケジュールの中で複数種目をこなすが、「4年生としての役割を果たしたい」と、総合優勝を狙うチームを牽引。同期で主将の中田英駿も110mハードルの選手だが出場枠の3人には入れず「キャプテンとしてサポートしてくれています。その分も頑張りたい」と思いも背負う。

別組で後輩の村竹ラシッドも13秒59(+0.5)で悠々1着通過。「村竹とワンツーしてチームに得点を」と泉谷。最後のインカレも折り返し。今日の午後に4×100mリレー決勝、そして最終日にハードル2本で締めくくる。

◇村竹13秒59「腰は大丈夫」、藤原も好走
13秒28の自己記録を持つ村竹ラシッドは13秒59で1着通過。痛めていた腰は「もう大丈夫で、福井(8月)よりも動けました」とひと安心した様子だった。準決勝、決勝へ向け「泉谷さんのことは気にせずに自分の走りを。(ユージン世界選手権の参加標準記録13秒30も)チャンスがあれば狙いたい」と語った。

村竹に続いたのが藤原孝輝(東洋大)で13秒84はU20日本歴代7位。「まだまだ出そうです」と笑顔。走幅跳でも8m12の高校記録を持ち、ダイヤモンドアスリートに選ばれている大器が久しぶりの快走を見せた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com