月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

五輪代表の順大・泉谷駿介が走幅跳で3位「優勝目指していたので悔しい」リレーは決勝進出に貢献/日本IC


◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)1日目

第90回日本インカレの初日が行われ、男子110mハードルで東京五輪に出場した泉谷駿介(順大)が走幅跳に出場し、7m73(+0.6)で3位だった。

五輪後、初の試合となる予定だった8月のAthlete Night Games(福井)は直前に腰を痛めて欠場。これが最後のインカレが五輪以来の舞台となった。

泉谷は1回目に7m70(+0.1)を跳んでトップ8に残る。3回目、そして4、5回目をパスして4×100mリレーの予選にアンカーとして登場。1着で決勝進出のフィニッシュをすると、最終6回目には7m73(+0.6)をマークした。

「走幅跳は優勝を目指していたので悔しい。練習では中助走で今日の記録くらい跳べていたので、8mは跳びたかったです」と苦い表情を浮かべる。元々、7m92の自己ベストを持つなど、ハードル以外でも好記録を持つマルチアスリート。「1週間くらい練習して仕上げてきた」という久しぶりの走幅跳に「なかなか難しかったです」と苦笑い。リレーを考慮して「跳べても3本かなと思っていたので」と、本数を絞った中だったが、3位に入ってしっかり総合優勝を狙うチームに加点したのはさすがだった。

東京五輪を終え、「正直、心身ともにすごく疲れました。燃え尽きた感じがありました」と、心境を打ち明け、「まだ完全に切り替えられない」とも。それでも、「110mハードルで悔しい思いをしたので、来年の世界選手権でリベンジしたい」と、心の底にもちろん火種は消えない。走幅跳や三段跳などとの兼ね合いについては「練習をしないと(挑戦は)できない。今回、練習不足を感じました。しっかり計画を立てていきたい」と語る。

これが最後のインカレ。総合優勝のためにも、そして世界の再スタートを切るためにも、まずは明日の110mハードル決勝、そして3日目の110mハードルに全力を尽くす。110mハードルは「タイムよりも優勝を目指します」と1年時以来のタイトルを狙っていく。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com