月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

100mHリオ五輪銅のキャスリン&モスクワ世界選手権5位のハリソン-クレイが母校・バージニア工科大の栄誉殿堂入り


女子100mハードルで2016年リオ五輪銅メダリストのK.キャスリンと、13年モスクワ世界選手権5位のQ.ハリソン-クレイ(いずれも米国)が、とともに母校であるバージニア工科大学栄誉殿堂(Virginia Tech Sports Hall of Fame)の殿堂入りに選ばれたことがわかった。

この賞は同大学のスポーツに貢献した人物を称えるために1982年に設立された。競技やコーチング、スポーツ経営で全国的に活躍し、優れた人格を有する等の基準を満たした者が選出され、選考委員の投票により決定される。

2人は同じ1988年生まれで、ともに06年から10年に同大学に在学。同じ100mハードルに取り組み、米国の女子ハードル界で活躍してきた。

自己ベストはキャスリンがリオ五輪の年にマークした12秒50で、ハリソン-クレイはモスクワ世界選手権の年に出した12秒43。ハリソン-クレイは400mハードルにも取り組み、08年北京五輪では準決勝に進んでいる。

米国陸連もこの殿堂入りについてTwitter上で祝意を表している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com