月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本陸連が10月開催「U18・U16大会」のキャッチコピーを8月24日まで募集! 採用者には東京五輪日本代表サイン入りTシャツプレゼント

日本陸連は10月に愛媛県総合運動公園で開催される「第15回U18陸上競技大会」および「第52回U16陸上競技大会」の大会キャッチコピーを募集している。

同大会は、従来のU18日本選手権、ジュニアオリンピックに代わる大会として今年度よりリニューアルスタート。「オリンピック種目にこだわらない」「走跳投種目全般にわたるトレーニングを、段階的に開始する仕組みを盛り込む」などの特徴を持った種目が設定され、例えばU16では100m、走幅跳、走高跳などのほかに、「U18へのスムーズな移行を目的とした種目」として150mや1000m、ジャベリックスロー(ターボジャブ)など全中では開催されない種目が展開される。

また、同大会ではシニアカテゴリーでの課題解決につながるよう、エントリーの条件として実施種目(申込資格種目①)の他に申込資格種目②が設定されている。U18の男子100mであれば、申込資格①の「100m10秒80」のほか、申込資格②の「200m22秒20」を突破しなければならない。各種目にはターゲットナンバーが設定されており、9月23日にエントリーリストが発表される予定だ。

大会キャッチコピーは8月17日(火)から24日(火)まで応募を受け付けており、採用された作品は大会ポスターや広報活動などに広く使用される。採用者には8月下旬に日本陸連より通知が届き、特典として東京五輪日本代表サイン入りTシャツが贈られる。

日本陸連ホームページ



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com