月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

三重国体の無観客開催が決定 水泳など4競技は実施 陸上競技を含む本大会の開催可否は9月4日に判断


三重県の鈴木英敬知事は17日に行われた記者会見で、9月に開催される三重国体(陸上競技会期:9月30日~10月4日)について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響をうけ、全競技を無観客で実施することを発表した。

三重県内では8月以降にコロナウイルスの感染者が急増し、17日には208人が陽性者と判定。1日の感染者数が過去最多になり、病床使用率も16日時点で53%と医療機関の負担も大きくなっていた。これを受けて三重県は今後、県内で新型コロナウイルスの患者受け入れが難しくなるととして、9月からの国体の観客受け入れを断念した。

一方、9月4日から会期前競技として予定されている水泳、体操、レスリング、柔道の4競技の実施を発表。その上で鈴木知事は9月25日から始まる開閉会式や陸上競技を含む本大会開催の可否については、「全国や県内の感染状況、高校野球やインターハイ、全国中学校体育大会などの大規模大会の実施結果などを勘案して、改めて9月4日に開催可否を協議する」と話した。


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com