月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

110mHドーハ準決勝の高山峻野は予選敗退 状態万全でなく「鼓舞して動こうとして空回り」

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技5日目

陸上競技5日目のイブニングセッション、男子110mハードル予選3組に出場した高山峻野(ゼンリン)は、13秒98(+0.1)と本調子とはいかず6着。準決勝進出条件となる4着以内に入れず、タイムで拾われるプラスの4人に残れなかったため予選敗退に終わった。

13秒25の元日本記録保持者で、19年ドーハ世界選手権では準決勝に進出した高山。だが、今季はケガが相次ぎ、6月の日本選手権前には「ギックリ背中」で出場すら危ぶまれた。何とか3位になって五輪代表を決めた。

その治療に専念してきたが「あまり状態は良くなかった」。スタートしてすぐはスピードに乗ったが、「着地でつぶれて、つんのめる動きになって、修正できなかった」と、4台目あたりでバランスを崩して失速してしまった。

平常心がモットーの高山をもってしても「独特の雰囲気があった」と言う。「こういう雰囲気を味わえただけでも今後の陸上人生に生かせると思います」。万全であれば、高山もまた世界のトップハードラーとして戦える存在。五輪を機に再浮上してくるはずだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com