月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

110mH金井大旺、最初で最後の五輪で準決勝進出!「懸ける思いが強い」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技5日目

陸上競技5日目のイブニングセッション、男子110mハードル予選に金井大旺(ミズノ)が出場。5組に入った金井は13秒41(+0.1)で3着。準決勝進出条件となる4着以内に入り準決勝進出を決めた。先に準決勝を決めた泉谷駿介(順大)に続いて、この種目で1964年東京五輪の安田寛一以来、57年ぶりとなる準決勝進出を果たした。

「ちょっと攻めの走りができなかった」と振り返るように、13秒41は今季の金井から見れば時計はかかったほう。「予選から流れを作りたかったですが、前半から流れが作れなかった」と冷静に分析する。

これまで2018年に16年ぶりに日本記録を更新するなど、第一人者として牽引。日本の110mハードルの扉を開いてきた金井だが、歯科医である父の跡を継ぐために今季で現役引退を決めている。金井にとってこれが最初で最後の五輪。「この試合に懸ける思いが強いので、明日の準決勝はしっかり修正して臨みたい」。全体のレベルを考えれば、金井の走りができれば夢のファイナルに十分に届く。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com