月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

5000m坂東17位、松枝18位と予選惨敗 松枝「力のない選手でも時間をかけたら舞台に立てる」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技5日目

陸上競技5日目のイブニングセッション、男子5000mに坂東悠汰と松枝博輝の富士通コンビが出場した。1組目の坂東は14分07秒79で19人フィニッシュ中17位、松枝は14分15秒54で最下位の18位だった。

坂東は「1組目ということでスローになると思っていました。想定内でしたが、ペースが変わった時に『やばい』と思って脚が止まってしまった」と後退してしまった。松枝は「海外の練習やレースに意識的に入っていっていくようにしていて、特別な感情はなく戦いたかったですが、それができませんでした」と振り返る。

ただ、ワールドランキングとはいえ、5000mで2人が世界の舞台に立ったのは大きい。「僕のような力がない選手でも時間をかけてやってきたらこういう舞台に立てる」と松枝。日本長距離トラックの戦いはまだまだ続いていく。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com