月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

順大・泉谷駿介が組2着全体6番目で準決勝進出!日本人57年ぶり「ワクワクがいっぱい」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技5日目

陸上競技5日目のイブニングセッション、男子110mハードル予選。泉谷駿介(順大)は4組に入り、13秒28(-0.2)で2着となり、準決勝進出条件となる4着以内に入り準決勝進出を決めた。全体では6番目の記録。この種目で準決勝進出は1964年東京五輪の安田寛一以来、57年ぶりとなる。

「ワクワクがいっぱいで楽しいです」。出場ランキング2位で臨んだ21歳のエースは、初の五輪でこう言ってのけた。スタートはまずまずだったが、「少し浮いてしまった」と泉谷。今季好調の中盤以降で加速に乗り切れなかったが、堂々の2着通過。13秒28は日本人五輪最高記録で、日本記録の自己記録13秒06に次ぐセカンドベストだ。

19年ドーハ世界選手権も代表となったが、ケガにより棄権。その思いもあり、「オリンピックで結果を出したいという思いでここまでやってきました」。6月の日本選手権で13秒06という衝撃的な日本新で初優勝と成長して東京五輪を迎えた。「準決勝でしっかり通過して決勝進出を目指したいです」。まだまだ、さらなる高みを見据えている。

準決勝は8月4日11時から、決勝は8月5日の11時55分から行われる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com