月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

3000m障害・20歳の山中柚乃が健闘!「日本記録更新できず悔しい」と涙も日本人五輪最高記録


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技2日目

陸上競技3日目のモーニングセッション、女子3000m障害予選2組に山中柚乃(愛媛銀行)が出場。この種目で日本人3人目のオリンピックとなった。

山中は「初めて海外の選手と走るので歩幅やハードリングが合わないと思いましたし、実力も離れているので」集団後方に食らいつくレースを展開。「マイペースかつ積極的に」と走り、最後はトップから離されても粘りきり、9分43秒83で10着だった。

「早狩(実紀)さんの日本記録(9分33秒93)を目指していたので悔しい」と涙を浮かべたが、自己記録9分41秒84には届かずもパフォーマンス日本歴代6位。オリンピック日本人最高成績(08年北京五輪/早狩・9分49秒70=予選1組16着)と大健闘と言える。

大阪・大塚高校から愛媛銀行に進んで、まだ20歳の山中。「強い方々と走るのが楽しみでワクワクしていました。これから毎年国際大会があるので、日本記録を更新して、今度はワールドランキングではなく参加標準記録を突破して出られるようにしたい」と、初の国際舞台経験を糧にするつもりだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com