月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

400mウォルシュ・ジュリアン予選敗退ケガの影響で「調整うまくいかず」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技2日目

陸上競技3日目のモーニングセッション、男子400m予選4組にウォルシュ・ジュリアン(富士通)が出場。自己記録45秒13からはほど遠い46秒57で組6着となり、予選敗退に終わった。

リオ五輪に続いて2大会連続出場のウォルシュ。だが、今季はケガが相次ぎ、6月の日本選手権も左ふくらはぎを痛めて欠場した。五輪には参加標準記録44秒90を切れずワールドランキングで出場。

「状態(痛み)は大丈夫ですが、その影響で調整がうまくいかなかった」と、序盤こそ食らいついたが200m過ぎからはスピードに乗らなかった。

「万全の状態で行きたかったですが……。世界のトップと走れてよかった。次は3度目の正直でパリ五輪では、そういう選手と肩を並べて勝負したい」

44秒台、そして世界のファイナルへ。24歳の挑戦はまだまだ続いていく。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com