月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走幅跳・城山正太郎と津波響樹は予選敗退 ともに悔しさにじませる


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技2日目

陸上競技2日目のイブニングセッション、男子走幅跳には3選手が出場。橋岡優輝(富士通)は決勝進出を果たしたが、城山正太郎(ゼンリン)と津波響樹(大塚製薬)のは予選敗退に終わった。

ともに初の五輪。日本記録8m40を持つ城山は1回目にうまく踏み切れず6m24(+0.6)。「思っていたような動きはできていましたが、(踏み切りで)つぶれてしまってペースが崩れた」。2回目には7m70(+0.3)と記録を伸ばしたが、通過記録の8m15、そして記録上位12人にも入れなかった。

「決勝を目標にしてきたがかなわず悔しいです。オリンピックは全選手が目指すところ。まずは来年の世界選手権に出て、3年後のパリ五輪を見据えていきたい」と前を向いた。

津波は「アップから調子が良くて1回目から8m15を狙った」と言うが7m52(-0.4)。「いざピットに立つと自分の力が出せませんでした」と、最終的に2回目の7m61(±0.0)が最高記録となった。

「来年の世界選手権を目標に、この2年の跳躍を全部見直してまたゼロから考えていきたい」

悔しい結果になったが、ともにドーハ世界選手権、そして東京五輪に橋岡とともに出場。3人エントリーしたことは日本の男子走幅跳にとって大きなトピックだ。さらに切磋琢磨をして高みを目指していくことだろう。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com