月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

100m予選のスタートリスト発表!山縣は中国・謝と同じ3組、多田が1組、小池は4組に


東京五輪男子100m予選のスタートリストが発表された。日本からは山縣亮太(セイコー)、小池祐貴(住友電工)、多田修平(住友電工)の3人が出場。

1組目には日本選手権王者の多田。7レーンに入った。隣の8レーンには米国のR.ベイカーが並んだ。9秒95の日本記録保持者・山縣は3組7レーン。同組には謝震業(中国)やイタリアのL.M.ヤコブスらがいる。続く4組目には小池が7レーンに組み分けされた。蘇炳添(中国)、インドネシアのゾーリらアジアから3人入っている。

米国王者で優勝候補のT.ブロメルは2組7レーン、5組目には米国のF.カーリーとカナダのA.デグラス、ナイジェリアのオドゥドゥルなど強豪がそろう。

予選は今日の19:45からスタート。全7組で行われ、各組上位3人と4着以下の記録上位3人が8月1日の準決勝に進む。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com