月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

100mの山縣に走幅跳の橋岡、100mH寺田と有力選手続々登場/今日の五輪見どころ DAY2


9時40分からの男子棒高跳予選には、初出場の江島雅紀(富士通)と3大会連続となる山本聖途(トヨタ自動車)が登場。前回のリオ大会では澤野大地が7位タイに入賞したが、まずは2大会連続の日本勢決勝進出に挑む。

10時45分からの女子100mハードル予選には五輪初代表となる寺田明日香(ジャパンクリエイト)と青木益未(七十七銀行)の日本記録(12秒87)保持者2人と、12年ロンドン大会以来、2大会ぶりの木村文子(エディオン)が出場する。世界選手権では17年に木村が準決勝に進んだが、五輪では00年シドニー大会の金沢イボンヌまで遡る(当時は1次予選、2次予選を経ての準決勝)。

夜の男子走幅跳予選(19時10分)には、城山正太郎(ゼンリン)、橋岡優輝(富士通)、津波響樹(大塚製薬)の8mトリオに目が離せない。特に19年世界選手権8位の実績を持ち、今季は8m36の自己新をマークしている橋岡は、上位入賞の可能性もある。決勝を見据えて無難に突破しておきたいところだ。

また、2年前に日本記録(8m40)を跳んだ城山と日本歴代4位の8m23をマークした津波も、その実力を発揮できれば悠々と突破できるだろう。この種目のオリンピック決勝進出となれば1984年ロサンゼルス大会で7位入賞した臼井淳一以来となる。

注目の男子100m予選(19時45分)には、6月に日本記録の9秒95を打ち立てた日本選手団主将・山縣亮太(セイコー)に、2年前に9秒98(日本歴代3位タイ)をマークした小池祐貴(住友電工)、今季10秒01の自己新を叩き出して、その後の日本選手権を初制覇した多田修平(住友電工)が登場する。

3大会連続出場となる山縣は過去2大会とも準決勝に進んでいる。今回は悲願のファイナル進出を目標に、予選から弾みをつけられるか。小池と多田は五輪こそ初出場だが、世界選手権では17年に多田が、19年には小池がそれぞれ予選を突破している。3人そろって、勝負となるセミファイナルに進んでほしい。

海外勢では女子400mハードル予選(9時00分)に6月に世界記録(51秒90)をマークしたS.マクラフリン(米国)が、男子棒高跳予選には昨年、室内で世界記録の6m18を樹立したA.デュプランティス(スウェーデン)がそれぞれ登場する。

男子100mには、6月上旬に世界歴代7位タイの9秒77をマークしたT.ブロメルをはじめとする米国勢や、前回のリオ大会銅メダルのA.デグラス(カナダ)、9秒91のアジア記録を持つ蘇炳添(中国)ら実力者が出場。予選から日本勢と激しくしのぎを削るだろう。

男子円盤投決勝(20時15分)では安定力のあるD.ストール(スウェーデン)が優勝候補。五輪初採用となった男女混合4×400mリレー決勝(21時35分)は優勝候補の米国が予選で失格。ポーランドとオランダを中心にレースが繰り広げられるだろう。女子100mは準決勝(19時15分)と決勝(21時50分)が行われ、S.-A・フレイザー・プライスやE.トンプソン・ヘラーのジャマイカコンビのほか、予選で10秒78のアフリカ新をマークしたM.J.タルー(コートジボワール)らが五輪女王を目指す。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com