月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

10000m伊藤達彦、中盤遅れて22位 世界の壁に跳ね返され「またイチから」ラストは“らしさ”見せる


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技1日目

男子10000m決勝で「入賞」を目指した伊藤達彦(Honda)が、序盤は“攻めの走り”を見せた。しかし、徐々に後退していくと、5600m過ぎに集団からこぼれ落ちた。ほぼ併走のようなかたちでレースを進めていたライバル・相澤晃(旭化成)にも引き離されていく。

残り2周を迎えた辺りで、優勝争いを繰り広げる選手たちに周回遅れをつけられた。それでも、最後までガムシャラに駆け抜ける。完走者では下から2番目となる22位(29分01秒31)に終わったが、最後の直線でタイのK.トゥンティワテに競り勝ち、伊藤らしさを発揮した。

「スローペースだったので余裕をもっていきたかったんですけど、ペースの上げ下げは体感したことがないものでした。『絶対に入賞したい』『相澤に負けない』と思ったが、世界と差があって情けない……」

静岡・浜松商高時代は全国的には無名の存在だったが、東京国際大でメキメキ成長。4年時にはユニバーシアードのハーフマラソンで銅メダルを獲得、相澤と箱根駅伝2区でしのぎを削るなど、日本人エースとして存在感を示した。

卒業後はHondaへ。昨年12月の日本選手権10000mで従来の日本記録を上回る27分25秒73(日本歴代2位)をマークして東京五輪参加標準記録を突破するも、その大会では日本記録を樹立して優勝した相澤のみ代表に内定した。

五輪を目指した今年、元日の全日本実業団駅伝(4区)で両大腿部を疲労骨折。5月の日本選手権に「間に合わないかもしれない」と一度はあきらめたほど、今季は出遅れていた。それでも驚異的な回復力を見せて、5月3日の日本選手権をセカンドベスト&日本歴代パフォーマンス6位の27分33秒38で制して見事に五輪代表入り。しかし、左膝を痛めた影響もあり、東京五輪に向けては十分なトレーニングができていたとは考えにくい。

「3日前までは緊張していなかった」という伊藤だが、初の五輪で気持ちを落ち着かせることもできなかった。メンタル面でも不安になったという。

「またイチから頑張りたい。今回の経験を来年の世界選手権に生かしたいですね」と伊藤。23歳で味わった地元五輪の悔しさをバネにさらに強いランナーとなって、再び世界に立つ日が来るだろう。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com