月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

34歳フレイザー・プライス100m予選で10秒84トップ通過!タルーが10秒78のアフリカタイ記録


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技1日目

陸上競技1日目のモーニングセッション、女子100m予選が行われ、シェリーアン・フレイザー・プライス(ジャマイカ)が10秒84(+1.3)をマークしてトップ通過を果たした。フレイザー・プライスは08年北京、12年ロンドンと五輪を連覇。17年に長男・ザイオン君を出産して翌シーズン復帰、19年ドーハ世界選手権では金メダルを獲得した。34歳になったが今季は6月5日に世界歴代2位となる10秒63をマークしている。

全体トップは今年33歳のM.J.タルー(コートジボワール)で10秒78(-0.3)のアフリカタイ記録、前回女王のE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)は10秒82(+0.1)だった。

準決勝と決勝は7月31日のイブニングセッションで行われる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com