月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走高跳2度目の五輪・衛藤昂は予選敗退「自国開催に出られて幸せ」今季で引退表明


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技1日目

陸上競技1日目のモーニングセッション、男子走高跳予選が行われ、衛藤昂(味の素AGF)は2m25をクリアできず。予選全体17位タイで予選敗退となった。

今シーズンで引退を表明している衛藤。「本音を言えばもっと跳びたかったが、今日出せる力は出せたと思います」と振り返り、「自国開催の五輪に出られてアスリートとして幸せだった。風景を目に焼き付けた」と語った。

8月1日の決勝へは戸邉直人(JAL)が進出した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com