月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

U20世界選手権代表・不破が5000mで学生歴代3位、U20日本歴代6位の15分20秒68/ホクレン千歳大会


ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021の第5戦千歳大会が7月17日に行われ、女子5000mで大学1年生の不破聖衣来(拓大)が学生歴代3位、U20日本歴代6位の15分20秒68をマーク。代表に選ばれているU20世界選手権(8月17日~22日/ケニア・ナイロビ)に向けて弾みをつけた。

実業団の外国籍選手が先頭を引くかたちで、1000m3分04秒、2000m6分13秒、3000m9分18秒、4000m12分23秒と展開。不破は終始先頭集団でレースを進め、4000m付近では一時トップに立つなど好調ぶりを見せた。

「最近、引っ張るレースが多かったのですが、今日はペースメーカーにしっかりつくことができました」。6月下旬のU20日本選手権で出した自己ベスト(15分26秒09)を5秒以上更新した。

群馬・大類中時代は全中1500m優勝などの実績がある不破。健大高崎高では故障で苦しんだ時期もあったが、昨年末から調子を上げ、今季は関東インカレやU20日本選手権優勝など世代トップ選手としての輝きを放っている。1ヵ月後のU20世界選手権に向けて「しっかり調整して結果を残したい」と意気込んでいた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com