月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表・田中希実が1500mで自身の日本記録を更新する4分04秒08!! 来年の世界選手権参加標準記録も突破/ホクレン千歳大会


ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021の第5戦千歳大会が7月17日に行われ、女子1500mで東京五輪代表の田中希実(豊田自動織機TC)が4分04秒08の日本新記録をマークした。従来の日本記録は田中が昨年8月にマークした4分05秒27。

田中はペースメーカーに先導されるかたちで1周400mを65秒で通過。700mでペースメーカーが外れた後も2周目2分10秒、3周目3分15秒と、1周65秒ペースを維持し、そのまま押し切った。

これで東京五輪と来年7月の世界選手権(米国・ユージン)の参加標準記録である4分04秒20を突破。「東京五輪は期間内ではなかったけど、標準記録を破ってうれしい」と話した。7月10日に3000mの日本新、7月14日に5000mとこの1週間で3レース目。「ベストが出るとは思わなかった。3日前の5000mがふがいなかったので、その怒りをぶつけることができた。ラスト300m、200mで檄が聞こえたので、行けるかなと思った」と振り返った。

1500mと5000mで代表となっている五輪本番が迫っている。「ここまで自信を持っていなかったので、この結果を自分の調子にリンクさせたい」と力を込めた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com