月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子800mで源裕貴が1分45秒75!! 川元の日本記録に7年ぶりに並ぶ激走!/ホクレン千歳


ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021の第5戦千歳大会が7月17日に行われ、男子800mで源裕貴(環太平洋大)が1分45分75をマークした。2014年5月に川元奨(日大/現・スズキ)が打ち立てた日本記録1分45秒75に並んだ。

源はペースメーカーの後ろについて、1周目を51~52秒台で通過。2周目のバックストレートで一時ポケットされるかたちになったが、焦らずレースを進め、最後は川元、金子魅玖人(中大)と競り合いながら、わずかに先着した。2位には川元がパフォーマンス日本歴代3位の1分45秒83で入り、3位の金子は日本歴代3位、学生歴代3位の1分45秒85をマークした。

6月6日のデンカチャレンジカップで出した自己記録1分46秒50を0.75秒更新した源は「日本記録を破りたかったのでちょっと悔しい。300mあたりでポケットされたが、ちょっと休みながら切り替えるレースプランにしました」と振り返った。6月下旬の日本選手権では終盤に競り負けて5位。「今日は勝たないといけないと思った。胸の差で勝てたのは良かったです」と語り、今後については「国体と日本インカレではしっかり優勝したい」と意気込んだ。


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com