月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪3000m障害代表コンビが5000mで好走!三浦龍司が13分26秒78のU20日本歴代2位、青木も自己新で本番へ弾み/ホクレン北見


ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021の第4戦北見大会が7月14日に行われ、男子5000mAに東京五輪3000m障害代表の三浦龍司(順大)と青木涼真(Honda)が出場。三浦がU20日本歴代2位、日本人学生歴代8位の13分26秒78、青木が13分32秒31の自己ベストをマークした。

ペースメーカーにけん引されるかたちで先頭は1000mを2分41秒、2000m5分24秒、3000m8分07秒、4000m10分53秒で通過。三浦は終始先頭集団の中にいたが、残り1000mを切って飛び出し、そのままフィニッシュ。関東インカレで出した自己ベスト(13分48秒90)を20秒以上更新した。

三浦は「3000m障害をイメージして残り1000mで切り替えるつもりだったので、すごく良かったです。5000mでタイムを出して収穫の多いレースでした。東京五輪では決勝に残るだけでなく、(自身の持つ)日本記録を更新したいです」と話していた。

また、青木も大会前の自己記録(13分48秒58)を大幅に更新。「13分40秒切りが目標で、ペースメーカーも同じだったので、乗っかっていくことができました。いい刺激になったと思います。東京五輪では決勝進出と日本記録を目標に3人で切磋琢磨していきたい」と力を込めた。

※正式タイムが発表されたのでタイトルと記事を修正しました。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com