月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

10000m東京五輪代表・伊藤達彦が5000mに出場「五輪前の調整の一環」/ホクレン網走


ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021の第3戦網走大会が7月10日に行われ、男子10000mで東京五輪代表の伊藤達彦(Honda)が5000mに出場。「五輪に向けて練習の一環だった」という伊藤は13分42秒50だった。「13分40秒前後が目標だったので想定通り。欲を言えば13分35秒を切りたかったが、練習の疲労もあって調子はあまり良くなかった」。東京五輪では「8位入賞を目指して頑張ります」と意気込みを語った。

伊藤は東京国際大を卒業して2年目。今年5月の日本選手権10000mで優勝して東京五輪代表に内定。同学年の相澤晃(旭化成)とともに五輪に挑む。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com