月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

米国が東京五輪の登録選手を発表 フェリックスが5回目の五輪へ ドーピング違反のリチャードソンは外れる


7月6日、米国陸連は東京五輪の選手団名簿を発表し、5回目の五輪に挑むA.フェリックス(女子400m)、最年長44歳のA.アブディラマン(男子マラソン)らを含む130名が選出され、うち81名は初出場。 この名簿に女子短距離のS.リチャードソンは名は挙がっておらず、東京五輪出場の可能性が完全になくなった。

リチャードソンは今季100mで世界歴代6位の10秒72をマークし、五輪選考会でも優勝していたが、7月2日にドーピング違反で1ヵ月の資格停止処分が下されていた。処分は7月27日に終了する予定で、8月5日に予選がおこなわれる東京五輪の女子4×100mリレーには出場できる可能性が残されていたが、リレー要員としての選出もならなかった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com