月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子100mでトンプソン・ヘラーが10秒70 僚友のフレイザー・プライスを破る/WAコンチネンタルツアーゴールド


7月5日と6日の両日、ハンガリーのセーケシュフェヘールバールでWAコンチネンタルツアー・ゴールドの競技会が開催され、主な決勝種目が行われた大会2日目には多数の好記録が誕生した。

女子100mでは2016年リオ五輪100m、200m金メダルのE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が10秒71(+0.6)のシーズンベストで優勝。16年の自己ベスト(10秒70)に迫る好記録で、S.-A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)に0.11秒差をつけて勝利した。

男子100mは19年ドーハ世界選手権4位のA.シンビネ(南アフリカ)が9秒84(+1.2)の自己ベストでV。O.ファサバ(ナイジェリア)が2006年に樹立したアフリカ記録を15年ぶりに塗り替えた。

男子走高跳では19年ドーハ世界選手権4位の23歳、M.ネダセカウ(ベラルーシ)が2m37の自己新でナショナルレコードを樹立。今季世界最高タイで東京五輪への弾みとした。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com