月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

リオ五輪女子100mH金メダリスト・マクニールの資格停止処分が確定、東京五輪出場不可能に


スポーツ仲裁裁判所(CAS)は7月2日、ドーピング規定違反の疑いで世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット」(AIU)から資格停止処分を受けていた女子100mハードルのリオ五輪金メダリスト、ブリアナ・マクニール(旧姓ローリンス、米国)の異議申し立てを却下した。これで処分が確定し、期間は2020年8月15日から5年間。

マクニールは17年にドーピング検査の居場所情報関連義務違反で1年間の資格停止処分を受けたが、その後に結果管理プロセス内の改ざん(tampering within the results management process)が明らかになり、今年1月に暫定的な資格停止処分が科された。2度目のドーピング規定違反となり、6月には5年間の資格停止処分が発表されたものの、これを不服としてCASに提訴していた。

2013年に12秒26(現・世界歴代4位タイ)をマークしたマクニールは、同年のモスクワ世界選手権を制し、3年後にはオリンピックチャンピオンとなった。今シーズンは6月の全米五輪選考会で2位に入って東京五輪代表を決めたものの、資格停止処分の確定で出場できなくなった。また、24年のパリ五輪も不可能となった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com