月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

米国最速女王シャカリ・リチャードソンが東京五輪出場できず、マリファナ陽性で1ヵ月出場停止

米国アンチ・ドーピング機構(USADA)は7月2日、6月末の全米五輪選考会女子100mを制したシャカリ・リチャードソンが、レース後のドーピング検査でマリファナに陽性反応が出たことを受け、1ヵ月の資格停止処分を受け入れたことを発表した。同選考会は失格となり、それに伴って100mの五輪代表資格も失った。ただし、ロイター通信によると4×100mリレーの代表に入る可能性はあるという。

資格停止期間は6月28日からで、競技会外であること、マリファナ使用がパフォーマンスとは無関係であること、カウンセリングプログラムを完了したことを受け、資格停止期間が1ヵ月に短縮された。

2019年に100m(10秒75)、200m(22秒17)のU20世界記録を樹立している21歳。今季は4月に世界歴代6位の10秒72をマーク。全米五輪選考会では準決勝で追い風2.6mの参考記録ながら10秒66、決勝でも2位に0秒13差をつける10秒86(-1.0)で走るなど、快進撃を続けていた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com