月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

400mHでワルホルムが46秒70!!男子トラック最古の世界記録を29年ぶりに更新!!/DLオスロ


7月1日、オスロ(ノルウェー)でダイヤモンドリーグが開催され、男子400mハードルのカールステン・ワルホルム(ノルウェー)が46秒70の世界新記録で優勝した。従来の世界記録はケヴィン・ヤング(米国)が1992年のバルセロナ五輪で出した46秒78で、男子トラック種目では最古だった。

4日前に全米五輪選考会の女子400mハードルで世界新が生まれたが、今度は男子で29年ぶりの快挙となった。ワルホルムは96年生まれの25歳で、17年ロンドン、19年ドーハと2度の世界選手権で優勝している。6月の全米五輪選考会ではライ・ベンジャミン(米国)が46秒83をマークしており、2人が激突する東京五輪ではさらなる世界記録更新があるかもしれない。

また、この種目で2位に入ったA.ドス・サントス(ブラジル)は47秒38で南米のエリアレコードを更新した。

男子棒高跳では世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)が6m01の大会新で優勝。その成功後に世界新記録の6m19までバーを上げたが、この高さはクリアできなかった。

男子3000mは19年ドーハ世界選手権10000m銀メダリストのY.ケジェルチャ(エチオピア)で、今季世界最高の7分26秒25。自己ベストをマークした。女子5000mは17年ロンドン・19年ドーハ世界選手権金メダルのH.オビリ(ケニア)が14分26秒38のシーズンベストで勝利した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com