月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

フレイザー・プライスが200m21秒79で2冠!110mHはレビーが13秒10でV、リオ五輪金のマクレオドは8位/ジャマイカ選手権


東京五輪代表選考を兼ねたジャマイカ選手権が6月24日から首都のキングストンで27日までの日程で開催された。

最終日(27日)に行われた女子200mは、100m優勝のシェリー・アン・フレイザー・プライスが21秒79(+0.8)で制して2冠を達成。銀メダルに輝いた12年ロンドン五輪でマークした自己記録22秒09を9年ぶりに0.30秒と大幅更新して、2種目で東京五輪代表を決めた。2位はリオ五輪400m銅メダリストのS.ジャクソンが21秒82の自己新で入り、この種目のリオ五輪金メダリスト・E.トンプソン・ヘラーは22秒02で3位だった。

また、男子200mはR.ドワイヤーが20秒17(+0.5)で勝ち、Y.ブレイクは20秒18で2位だった。

接戦となった男子110mハードルは、R.レビーが13秒10(+0.6)で制覇。0.01秒差の2位にはD.トーマスが入り、3位はロンドン五輪銅のH.パーチメントで13秒16。16年リオ五輪金メダリストのO.マクレオドは1台目にぶつかった影響で、8位(16秒22)に終わった。

女子400mは13年モスクワ世界選手権銅メダリストのS.A.マクファーソンが自己新の49秒61で優勝。2位のC.マクレオドも49秒91と50秒を切った。女子100mハードルはM.タッパーが12秒68(+0.1)で制し、19年ドーハ世界選手権銅メダリストのD.ウイリアムズは12秒79で4位だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com