月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

17歳の高校生・ナイトンが男子200mで19秒88!ボルトのU20世界記録を0.05秒更新!/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月18日~27日/米国・オレゴン州ユージン)

東京五輪代表選考を兼ねた全米五輪選考会の9日目の6月26日、男子200m準決勝で17歳のエリヨン・ナイトンが19秒88(+1.1)をマーク。自身が前日の予選で出した20秒04のU18世界記録を一気に0秒16更新するとともに、2004年にウサイン・ボルト(ジャマイカ)が出したU20世界記録(19秒93)をも0.05秒塗り替えた

準決勝の2組6レーンに登場したナイトンは、世界歴代4位の19秒50が自己ベストを持ち、2019年ドーハ世界選手権金メダリストのN.ライルズを0.03秒抑えて1着通過。全体でもトップタイムで、27日(日本時間28日)の決勝に進んだ。

2004年1月生まれのナイトンはフロリダ・ヒルズボロ高の2年生。中学時代は陸上とサッカー、高校ではアメフトにも取り組んだという。昨年8月に100mで10秒29、200mで20秒33をマークしたことで、天才スプリンターとして注目を集め、今年1月には高校生ながらアディダスとプロ契約を結んだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com