月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子100mはリチャードソンが10秒86で制す! 準決勝では10秒66wをマーク/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月18日~27日/米国・オレゴン州ユージン)

全米五輪選考会の2日目の19日に行われた女子100mではS.リチャードソンが10秒86(-1.0)でチャンピオンに輝いた。リチャードソンは前日に行われた予選を10秒84(+0.9)とトップタイムで通過すると、準決勝は追い風2.6mの参考記録ながら10秒66の好タイムをマーク。決勝でも2位のJ.オリヴァーに0秒13差をつけて圧倒した。4月には世界歴代6位となる10秒72で走っており、東京五輪では10秒63の記録を持つS.A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)を追う一番手候補として挙げられている。

女子円盤投では19年世界選手権7位で、20年には70m15を投げているV.オールマンが69m92で優勝。中止となった昨年を挟んで、全米3連覇を飾った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com