月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子100mで山縣亮太9秒95の日本新記録!!/布勢スプリント

◇布勢スプリント(6月6日/鳥取・布勢総合運動公園陸上競技場)

男子100m決勝は、山縣亮太(セイコー)が9秒95(+2.0)の日本新をマークした。

サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が2019年に出した日本記録9秒97を0.02秒更新。自身初の9秒台突入から、一気に初の日本記録保持者となった。日本人の9秒台は史上4人目。

山縣は「9秒台をずっと出したいと思ってやってきた。今日出せて良かった。(標準記録も出せて)肩の荷が下りました。いつも近くで支えてくれるチームメイトがすごく力になった。五輪を狙ううえで、勝負と言う意味でも外せない大会と思っていた。その中で勝てて、記録も出せて良かった。日本選手権で3番に入って、五輪の権利を得たい。勝負を五輪だと思っているので、そこに向けてがんばりたい」と振り返った。

2位の多田修平(住友電工)も自己ベストを0.06秒塗り替える日本歴代6位の10秒01をマークした。

予選で10秒01(+2.6)をマークしていた桐生祥秀(日本生命)は決勝を棄権した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com