月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子4×400mR東京五輪への最後の挑戦 日本歴代3位も出場枠に届かず/デンカチャレンジ


◇Denka Athletics Challenge Cup2021(6月6日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

サトウ食品日本グランプリシリーズのデンカチャレンジで、女子4×400mリレーの日本代表が編成され、東京五輪出場に向けたタイムアタックをした。

五輪出場枠は16で、19年世界選手権と今年の世界リレーの結果からすでに12ヵ国が決定済み。残りは4ヵ国でターゲットナンバー内最後の16番目の記録が3分30秒02のドミニカ共和国だったことから、3分30秒切りは最低条件だった。

青山聖佳(大阪成蹊AC)、松本奈菜子(東邦銀行)、小林茉由(J.VIC)、岩田優奈(スズキ)で臨んだ日本は3分30秒45をマーク。この記録は日本歴代3位の好記録だったが、目標だった3分30秒切りはかなわず。この結果、日本は18番目となり、現状で東京五輪の出場権獲得はついえた。最終的には6月末のランキングなどにより出場国が決定する。

青山は「まずはこういうチャレンジの場を作ってくださった多くの方に感謝したい」と述べ、「だからこそ3分30秒を切りたかった。個人の走りも含めて悔しい」と唇をかんだ。松本も「悔しい」と声をつまらせ「0.01秒でも速く渡そうという気持ちで走りましたが、実力不足だった」と言う。小林は「私以外の3人がずっと400mを引っ張ってきてくれた」と仲間に感謝し、「世界に向けて頑張っていきたい」と次を見据えていた。ケガから復調してメンバー入りした岩田は最後倒れ込むほど力を出し切った。「この悔しさを絶対に忘れないように」と岩田。女子マイルはこの悔しさを糧に、個々のレベルを上げて世界への再挑戦を誓う。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com