HOME ニュース、国内

2021.06.06

女子4×400mR東京五輪への最後の挑戦 日本歴代3位も出場枠に届かず/デンカチャレンジ
女子4×400mR東京五輪への最後の挑戦 日本歴代3位も出場枠に届かず/デンカチャレンジ


◇Denka Athletics Challenge Cup2021(6月6日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

サトウ食品日本グランプリシリーズのデンカチャレンジで、女子4×400mリレーの日本代表が編成され、東京五輪出場に向けたタイムアタックをした。

五輪出場枠は16で、19年世界選手権と今年の世界リレーの結果からすでに12ヵ国が決定済み。残りは4ヵ国でターゲットナンバー内最後の16番目の記録が3分30秒02のドミニカ共和国だったことから、3分30秒切りは最低条件だった。

青山聖佳(大阪成蹊AC)、松本奈菜子(東邦銀行)、小林茉由(J.VIC)、岩田優奈(スズキ)で臨んだ日本は3分30秒45をマーク。この記録は日本歴代3位の好記録だったが、目標だった3分30秒切りはかなわず。この結果、日本は18番目となり、現状で東京五輪の出場権獲得はついえた。最終的には6月末のランキングなどにより出場国が決定する。

青山は「まずはこういうチャレンジの場を作ってくださった多くの方に感謝したい」と述べ、「だからこそ3分30秒を切りたかった。個人の走りも含めて悔しい」と唇をかんだ。松本も「悔しい」と声をつまらせ「0.01秒でも速く渡そうという気持ちで走りましたが、実力不足だった」と言う。小林は「私以外の3人がずっと400mを引っ張ってきてくれた」と仲間に感謝し、「世界に向けて頑張っていきたい」と次を見据えていた。ケガから復調してメンバー入りした岩田は最後倒れ込むほど力を出し切った。「この悔しさを絶対に忘れないように」と岩田。女子マイルはこの悔しさを糧に、個々のレベルを上げて世界への再挑戦を誓う。

◇Denka Athletics Challenge Cup2021(6月6日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム) サトウ食品日本グランプリシリーズのデンカチャレンジで、女子4×400mリレーの日本代表が編成され、東京五輪出場に向けたタイムアタックをした。 五輪出場枠は16で、19年世界選手権と今年の世界リレーの結果からすでに12ヵ国が決定済み。残りは4ヵ国でターゲットナンバー内最後の16番目の記録が3分30秒02のドミニカ共和国だったことから、3分30秒切りは最低条件だった。 青山聖佳(大阪成蹊AC)、松本奈菜子(東邦銀行)、小林茉由(J.VIC)、岩田優奈(スズキ)で臨んだ日本は3分30秒45をマーク。この記録は日本歴代3位の好記録だったが、目標だった3分30秒切りはかなわず。この結果、日本は18番目となり、現状で東京五輪の出場権獲得はついえた。最終的には6月末のランキングなどにより出場国が決定する。 青山は「まずはこういうチャレンジの場を作ってくださった多くの方に感謝したい」と述べ、「だからこそ3分30秒を切りたかった。個人の走りも含めて悔しい」と唇をかんだ。松本も「悔しい」と声をつまらせ「0.01秒でも速く渡そうという気持ちで走りましたが、実力不足だった」と言う。小林は「私以外の3人がずっと400mを引っ張ってきてくれた」と仲間に感謝し、「世界に向けて頑張っていきたい」と次を見据えていた。ケガから復調してメンバー入りした岩田は最後倒れ込むほど力を出し切った。「この悔しさを絶対に忘れないように」と岩田。女子マイルはこの悔しさを糧に、個々のレベルを上げて世界への再挑戦を誓う。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top