月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

環太平洋大の源が800m日本歴代5位1分46秒50!「世界をイメージしていきたい」/デンカチャレンジ

◇Denka Athletics Challenge Cup2021(6月6日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

サトウ食品日本グランプリシリーズのデンカチャレンジ、男子800mで好記録が誕生した。環太平洋大4年生の源裕貴が1分46秒50で快勝。日本歴代5位、学生歴代4位の好タイムだった。

「1分46秒台は出ると思っていた」と言う源。1周目はペースメーカーや先頭に「できるだけついていく」プラン通りにレースを進める。2周目からは「少し先頭とつまってしまう形になって記録が伸びなかったのが悔しい」と振り返る。

山口・美祢青嶺高出身で、地元中国地区の環太平洋大に進学して4年目の今季急成長。4月の記録会で1分48秒52と、前年までのベスト1分49秒64から大きくジャンプアップした。静岡国際でも1分47秒71で優勝。全国タイトルとは無縁だった男が一気に飛躍した。1500mでも3分45秒30と記録を出し、スピードやスピード持久力が格段に成長。

日本選手権では「優勝を目指したいですが」と言い、「静岡国際の時のように自分でレースを作って勝てるように。世界を見据えて通用するようなイメージで取り組んでいきたいです」と、さらなる上を目指している。

■男子800m日本歴代5傑
1.45.75 川元  奨(日大4)   2014. 5.11
1.46.16 横田 真人(慶大4)   2009.10.18
1.46.18 小野 友誠(法大3)   1994. 6.26
1.46.22 近野 義人(ダイエー)  1994. 6.29
1.46.50 源  裕貴(環太平洋大4)2021. 6. 6



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com